【ボイトレ情報 3】小野正利さんのボイトレスクールに行った人のレポート

ボイトレ情報 アイキャッチ

小野正利さんの、ボイトレスクールに行ったという人の、レポート記事を見つけたので紹介します。

今後、ボイトレをするときの、ひとつの参考になります!

 

一部抜粋

最後に小野さんの意見も一つ聞かせてくれた↓

・トレーニングを受けに来る人のほとんどは高い声を出したい一心で自分の元に来る
 高い声を出せることが第一で、上手くなることは二の次って言うのが本音の人もわりと多い
 でも、実はあなたが高い声を出せるようになったからと言って、それが必ずしもあなたにとって魅力的な声になるとは限らない
 人によって得意な音域は生まれつき決まっていて、歌手の多くはその音域をメインにして曲を作っている
 自分も声域としては4オクターブ以上出せるが、それらを目一杯使うようなことはない

 あなたがあくまでも「カラオケで上手に歌いたい」のであればこれは深く考えることではないけど、
 プロを志している人達にはこのことを強く言って、「音域拡張は魅力的な音域を探すための作業」と言い切るようにしている

ちなみにこのことについて、低音歌手は寺尾聰、高音歌手はマイク・マティアビッチを絶賛してた
特にマイクについては「あの人こそ才能の塊ですよね。他のどんな才能に恵まれた人でも彼は超えられなかったわけですし、
多分これからも(マイクを超えるハイトーン歌手は)出てこないんじゃないかなぁ」とまで言ってた
やっぱりマイクは凄すぎるよね

 

読んでいて、僕も考えさせられた部分があります。

小野さんは、プロとして第一線でやっている人です。

やはり、プロの考えていること、感じていることってのは素人には想像もできないレベルなのかなと感じました。

 

参考サイト

VOCAL NEWS 2CH : 小野正利のボイトレ行ってきたけどレポする

[browsershot url="http://vocalnews2ch.doorblog.jp/archives/51656228.html" width="400px" ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>